categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryRESCUE

RESCUE 感想 &ラブシャ

trackback--  comment0
毎日 何でこんなに忙しいのか、、??

暇になるのはいつ??


オリスタを買いに行けませんでしたぁ ショボーン

デッカイ美しいロミオ様が載ってる

Look at star は広島は28日土曜日発売です

ベスト・ステージはいつだっけ??



あ~ マダ確保もしてないなんて、、

早く 新しいロミオ様に会いたい


増沢さん トンネルから抜けられたみたいで良かったです。

今日が稽古最終日だそうです。

後は 舞台で通しリハになるんでしょうね。


そっかぁ

アルワンでゆっちったらロミジュリが14日からだなんて言って

竜也も否定しないし、、 あはあはあは

K太郎さんマデ間違えたままで言っちゃってるし

あはははっ!! アルワンらしいっちゃ らしいけどね


パズルはピタリとはまったんでしょうか

どうやら 長いトンネルは抜け出せたみたいですね。

吹っ切れた増沢さんに会えるのも もうすぐです。

竜也 今頃どうしてるのかな、、

稽古も終って 初日まで後少し、、

今度は 本番さながらグローブ座での通しリハでしょうか

ドキドキしてるかな

いや、、

あたしが ドキドキしてる


今週のラブシャ

マジで半端無く面白くなってきたわ~

久々の野島さん、、 泉が見事に復活して

明るいドロドロ あ~楽しいっ!!

キクリン何企んでんの~っ!!

タナトスへの恨みと ノンケの旺次郎を落とすための策略か??

怖すぎるぅ


結婚相手って、、 人生の伴侶って

あの

メイちゃんが言ってたコトが当りに近いと思うんだけどね

背伸びしなきゃいけない好きすぎる相手より

自分と同じような駄目な部分も持ってて

同じ痛みを分かち合える相手と

お互い励ましあって 

頑張れ 頑張れって言い合いながら歩んでいく方が

本当は 幸せなんじゃないかなって思うんだけどなぁ

旺ちゃんと海里が可愛いカップルでいいなぁって思ってたら

キクリンが怖いしぃ

アイアイとうさたんも本当は一緒にいて楽しい相手なんだって

うさたんニブイから気付きそうで気付かないし

なんと言ってもメイちゃんの自分への感情を聞いた諭吉が、、

初めて 本当の自分を受け止めてくれた上で

好きになって貰うと言うコトを知り、、

自分を包んでくれた優しい愛情に

厚く覆っていた諭吉の心の厚い壁がパッキリと割れて

さぁ 諭吉が次回どう羽ばたくか

うさたんは自分の気持ちに気付くか

一番不幸なのは エマニュエル夫人だよねぇ

愛する夫の為に 身を呈して愛情を捧げる熱情の人

彼女くらいじゃないと

傷付き過ぎて、、歪んでしまったキクリンを救えないと思うなぁ

ゲーーイっ!! ブッブーーーっ!!

ゲイ達者~っ!! ぶはっ!!

そんなゲイがあったなんて、、。  ぶほっ!!

バぁーーイっ!! ぶっひょぉーーっ!!

もう 最高で御座います、、。


あ、、

そう言えば、、 今週のRESCUEの感想書いてなかったっ!!

明日は もうRESCUEの日じゃないかっ!!

アルワンもマダなんだけど


RESCUEは 大地や豊達の成長のストーリーを描きながら

彼等を育てる先輩達の葛藤も描いてあって

今の若い子達には凄く勉強になると思うな

あのハゲちゃってる君を担いで降りてる映像

ゆちぺでは下からだったから 高さの感覚がつかめなかったけど

上から録ると怖いねぇ

でも、、

バンジーよりは出来ると思うね ウン


コンテナの下敷きになって亡くなった被害者の方の家族に

マダ純粋な豊隊員は 

必ず助けますからね って約束の言葉を言ってしまう、、。

このテーマは"ER"や"サードウォッチ"でも取り上げられて

救命救急や医療モノでは一度は通る道だけど、、

必ず助ける と言うコトバは、、 神でもない限り言えない

結局は こういうコトなんだけど

純粋が故にぶつかってしまう壁だよね

でも 現実では事前に一番に教えられるコトだと思うけど、、。

でも 約束の言葉を出さなくても

愛する人を亡くした悲しみと怒りを ぶつける相手がいない場合には

よく現場の救急隊員や医療関係者に

怒りをぶつける遺族の方がいるのは確か

叔母や従姉妹に看護師や警察官がいるので

よくこんな話を聞くんだよね、、。

何年やってても 辛いって言ってたよ。

エロ救急隊員のえ〇りんもそう言ってた。

でも、、純粋であるが故に

傷付いた豊隊員が可哀相だったなぁ


救助が難しいから SRに依頼が来るわけであって

よって、、 被害者の死亡率は高いんだよね

SRに憧れて 

人を救いたいと思って入隊した後の こんな現実、、

仕方ないとはいえ 辛いよね

ガス漏れの現場でも 被害者は死亡していた、、。

その現実に直面して動揺してしまう豊隊員は、、

自分はSRに向いて無いと思い、、

辞表を隠し持つ

落ち込む 豊に コトバではなく、、

拳で訴えかけてしまう大地


新米を現場に出さないでくれと上司に詰め寄る葛城先輩

どうも 

彼にも乗り越えなきゃいけない壁があるらしい

そんなトコも人間臭くていいね、、。

この時の

徳永隊長のコトバ

彼のコトバにいつも私は涙してしまう、、

技術が足りないからと、

何もさせなければ、、

コイツらは一生新人のままだ


以前私の先輩にも こう言って仕事を任せてくれた先輩がいたなぁ

周りからは反対されてたのに 押してくれたんだよね

そんなコト思い出して、、。

下を育てる上司のあり方も 情があればこうなるんだなぁと

思い出して感動したよ、、。


SRに向いてないと辞表を隠し持つ豊

ソレを見つけた大地は

何だよコレっ!!ってビリビリに破くっ!!

自分は大地に引張られてここまで来たけど

本当は向いてないと落ち込む豊、、

コノ時は 何も言わない大地ダケド

後に 1人で船底に残り

水中で被害者を命がけで助けるコトになった豊に

俺だって 

今までお前がいなかったら 

やって来れなかったっ!!

絶対戻ってくれっ!!

一緒に生きて、、 家に帰ろうっ!!


打って変わって 任してくれと 合図を返す豊、、

この台詞を聞いた時に、、

あの 配水管から溢れる水しぶきのように涙が溢れ出た、、。

まるで、、

コレは、、 竜也とゆっちのコレまでみたいな、、。

コンナ風に 

何度と無く励ましあってきたんじゃないかな竜也とゆっちも

ソレを考えると、、

大地の台詞が ゆっちと竜也に重なって、、

胸が痛くなるほど感慨深かった、、。

ゆっちだからこそこのコトバに重みがある、、。

脚本家の方は ゆっちのコレまでを知ってるかのような

そんな気がするくらい RESCUEの大地はゆっちに重なるなぁ


豊の傷心を責める不動や葛城先輩、、

たまらなくなって

大地は徳永隊長にこう言ってしまう、、。


人の命を救いたくてSRに入りました!!

しかし SRになると言うコトは

人の死に慣れ無ければ成らないと言うコトなのでしょうか

俺はっ!!人の死に慣れたくなんてありません!!


大地の心からの叫びなんだけど、、。

思わず

自分の感情を打ち出すコトが先に立ってしまったんだよね

でも、、

尊敬する徳永隊長からは

立派な心がけだ

だが お前は結局自分のコトしか考えていない 

お前は親友である手塚の苦しみに気付いているのか

いいか

亡くなった方をご家族にお返しするコトも救出なんだ

他人の痛みを自分の痛みとして感じるコトが出来ない限り

お前にSRになる資格は無い


コレは

SR隊員だけじゃなく、、

普通の人でも 持ってなきゃいけないコトだと思うんだけどね、、。

最近は 自分の痛みや感情を主張するコトは出来るようになっても

スグ側にいる人の感情を汲み取れない人が多くなって来てるから

コノ隊長のコトバは、、

SR隊員だけじゃなくて 

これからの若い人達全般に投げかけてるような 

そんな気がするね



こう大地に厳しく言った後に

かつての親友、、

大地を命がけで助けて、、自らの命を失った 

宮崎のコトを思い出す徳永隊長

彼も 大地と同じコトを言っていたと、、。

無くしてしまった大切な親友と

何事にも全力で 要救助者の救出に必死になりすぎる

猪突猛進な大地の姿が重なる、、。

だから、、

同じコトが起こりやしないかと、、 恐れの気持ちが芽生える徳永隊長

そのコトが、、

絶対に私情を入れてはいけないSRの人員配置に影響を及ぼす

水中で 意識の無い要救助者を

自分のレギュレーターで呼吸させて救助する行為を、

無意識に大地にさせないように動いてしまう、、。

大地だと自分の命を投げ出しても助けてしまいそうな、、

同じコトが起こるかも知れないと言う危惧からか??

徳永も一種のトラウマを抱えてるのかも、、。

でも、、

こんなトコも本当の葛藤が出てて共感が持てる


実力至上主義で 優しさは甘さと捉えてる不動に

彼を鍛えさせてくれと訴え出る加納先輩

装備を装着しての非常階段イッキ登り

めちゃんこキツそうだね アレ

厳しいようだけど

コレは 隊員の限界を知っておくためだった、、。

限界を知らないと 救命の現場では命取りになるから、、。


そして、、

最後の客船火災の時

歩き辛そうな要救助者と歩いて船外に出ていた不動に、、

優しくねぇな と言い放ち

要救助者を抱きかかえて脱出する加納

その姿に、、 自分に欠けていたものに少しづつ気付き始める不動


水中で自分のレギュレーターで要救助者に呼吸をさせ

水位が上ってきたら、、

自分は無呼吸状態でいなければならない救助状況を

自分には出来ないと尻込みする豊に

徳永隊長は

自分の限界を決めるのは

自分の心の中でしかないんだ強くなれ

お前なら出来ると励ます、、。


ここに どれ程感動したか、、。

人を育てるコトとは 厳しさの奥に

必ず情があってこその信頼がないと駄目なんだよね

そうじゃないと相手に真意は伝わらない

この情を感じた時に

人は本当の成長を遂げるコトが出来ると私は思うんだよね。

マダ未熟だけど 手塚の可能性を信じて

葛城の反対を押し切り 手塚に任せる決意をした徳永隊長

私も会社で色んな先輩から教えて貰ったよ、、。

一番心に残ってるのは

今では義理の兄ダケド

当時の社長だった

身がすくむほど怖くて、、 厳しい人だったけど

ホンキでぶつかっていったら ホンキで応えてくれた、、。

物凄く恐ろしい社長だったけど

長年多くの人達に慕われてたコトからもわかるように

情のある人だったんだよね、、。

厳しくても 

情の深さを感じ取れるからコソ人は突いて行けるんだよね。

この 

徳永隊長には いつも多くを学ばせてもらってる、、。


ライバルの沢田にコトあるごとに、、 人選ミスだと責められ続け

命で命を救うなんて馬鹿げてると言われても、、。

大地にチャンスを与えようとする芹沢

彼も 徳永隊長と同じなんだよね



彼等はホンモノになろうとしている

私は 現場の彼等を信じます


自分が全ての責任を背負い

部下を信じて 彼等に任せる


ソレゾレの先輩達が

後輩に 何かを学ばそうとして全力を尽くしてる、、。

ここに

RESCUEのもう一つのテーマがると私は思うな、、。

冒頭の徳永隊長のコトバ

よく覚えておけ 

俺達SRは人を助けても表彰もされないし勲章も貰えない、 

だが要救助者が命を落とせばそのとたん責められる

それが俺達の仕事だ


そして最後の

前に言ったな

俺達SRは人を助けても勲章は貰えない

唯一もらえる勲章は

要救助者とその家族からの感謝の言葉だ

今日の勲章は、、

手塚、、 お前のものだ


素晴らしい 先輩だね

コレはホントに、、

SR隊員だけじゃなくて

全ての仕事に言えるコトなんじゃないかな

目に見える賞賛や見返りは無くても

ほんの小さな勲章を自ら見つけ出して

ソレを糧に マタ明日の仕事を頑張る、、。

世の中に必要とされない仕事なんて無いんだから

仕事って そう言うものだよね

職業に貴賎は無いから 

全ての仕事に対しても当てはまる大事なコトだと私は思うなぁ

だからか 特に 感動した

マッスーの吹っ切れたあの表情も良かったなぁ

感動したよ マッスーにも いい演技だった

モチロン ゆっちも素晴らしかった

豊を励ましたいのに出来ないもどかしさや

どうしても 豊に助かって欲しいと訴える目や

最後の希望に燃える目

どんどん ゆっちが進化して行ってる


最後の

吹っ切れた爽やかな笑顔の 豊と大地

余りに 学ぶコトが多くて 感動をいっぱい貰って

ゆっち

素晴らしいドラマだよ 良かったよこんないいドラマに出させて貰えて

ゆっちは幸せだよ

この話が終る頃に どれ程ゆっちが成長するかと思うと

今から 楽しみでしょうがないよ。

竜也も ロミジュリで成長できるだろうし

同じ時期に 同じように成長できる同じ4の生まれの運命の相手

何か 偶然とは思えないものを感じるんだよね


でも、、最後の

宮崎隊員のような

SR隊員になりますって、、

力強く言う大地に 一抹の不安を覚えるんですけども、、


そんな 結末だけは絶対にNGだと思うのでね

コレだけは言っときたい くみきぽです、。






スポンサーサイト
 









        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。