FC2ブログ
categorySUG

一緒に創って行こうな 今、、武瑠くんが伝えてくれるコト

trackback--  comment0
ワンマンライブって 自分達だけでライブするコトなんだけど

SuGはそれすらついこの間出来るようになったばかりで

1月27日にメジャーデビューを迎えて

先日 1月31日の名古屋でのライブでもって

インディーズ時代のライブが最後となったんだけど

アメブロでの武瑠くんからのメッセージ

KAT-TUNから こんな感じのコトバ貰うコトが滅多に無いから

海賊帆やデビューの頃は

KAT-TUNもこんな感じで熱く語ってくれてたコトもあったけど

その頃はマダKAT-TUN知らなかったし

タイムリーに伝えてもらうって言うのに ホント慣れて無いって言うか

こうちゃんとか語ってくれるけど

身内的なコトばっかりだったし(最近は違うけどね)

亀ちゃんも語ってくれるけど 外部の人達とのコトが多いし

ゆっちもじゅんのも 時々はメンバー絡みの話しもしてくれるけど

殆どが、、

当たり障りの無いコト ま ぶっちゃけて言うとね(笑)

事務所的に仕方ないのかもダケド

結構山ピーとか ドラマのお知らせの時だけでも

熱く語ってくれるよね

LM.Cのあぃじ先輩もブログで豆に語ってくれるし

まぁやたんも あぃじ先輩程じゃないけど

合間合間にズキュンってくるコト書いてくれるし

ま KAT-TUNのメンバーも誰かが

メンバーへの思いや Gの将来のコト

ファンへの想い 時々は語ってくれるけど

最近は 殆ど無いよねぇ

制約も多いから話せないコトも多いんだろうケド

心にすきま風が入り込むような新事実ばっかり次々と出てくるし、、

なんか 違う、、、、。

ちがうんだよぉぉぉーーーっ!!!

コレが 仁竜さんにいたっては

マダ竜也は何かあった時は←例のあの時ですが、、

本当に心からのメッセージをくれる子なんで

本当の竜也ってのは わかってはいるんだけども、、

まぁ ゆじくんみたいな感じなんだけど

仁さんは、、 最近の仁さんからは 

皆無と言っていいほど感じられない

確かに バンデージ祭のさなかだから

雑誌TV等メディアに登場する機会も多くて

仁さんのコトバを聞く機会はいつもより格段に増えてるけど

何か、、 感動が感じられない アタシダケ、、??

バンデージに対する思いは伝わってくるよ

アルバムの曲にも"情"がありますって言ってたくらいだし

仁さんは 正直な人間だから 

今自分が思ってるコトが出ちゃうヒトだから

それは仁さんのいいトコで 大好きなトコだけど

だからこそわかる 仁さんの今のキモチが

仁さんからのコトバを雑誌やTVから受け取るたびに

この上なく寂しくなっていくのは アタシだけ??

・・・なんだろうなぁ 多分

仁担さん達は嬉しいばっかだろうし

でも KAT-TUNでいる時の仁さんを見る度に

KAT-TUNは大好きで Mステさん見て小躍りして 

TVの前に正座しながら踊るって言う異常な行動するくらい

大好きなのに、、

仁さん見ると 辛いキモチになる

明らかに、、 海賊帆やデビューの頃の仁さんと

今の仁さんでは、、 KAT-TUNに対する想いが違ってる気がする

そんな時

武瑠くんからのメッセージはいつもワタシの胸を熱くする

もう KAT-TUNからは こんな想いは貰えないのかなぁ

カッコよくて KAT-TUNが大好きで

KAT-TUNが1番だからこそ、、 余計に寂しい


アメブロ SuG武瑠くんのブログより

大阪名古屋

ありがとうお疲れ様!

大阪やっぱ声めっちゃでかい!インストアの時のシャイさが嘘のよう(笑)

名古屋もフアイナルってのもあってか過去最高のノリだった気がするよ!

何気に初めての違う地方ワンマンツーデイだったので、

本当に燃え尽きた(>_<)痛いとこだらけ~

いわゆるインデーズラストツアーが終わり、

こっからが本当の意味でのメジャーアーティストだなって思う。

なんか、率直に不思議だ。

ひけないくせにギターケース持って

強くなったと思ってた頃から、今の居場所へ。

多分どうにもならない日常からなんとかして抜け出したかった。

でもやり方も分からないし、

自分には何があるかもいいか分からない。

手探りでいろーんな事に挑戦して、SuGというバンドに辿り着いた。

バンド始めてからの3年間も決して短い時間じゃなかった。

たくさんの挫折と苦悩、何度も何度も逃げ出したくなった。

理想と現実のギャップ。届かない想いに、

ねじ曲げられる主張と発信。

傷ついて傷ついて、少しずつだけ強くなった。

真っ直ぐにぶつかるということは、

本当に本当に苦しいことだとも知った。

それまでの人生ではぶつかりあうことを避けてきかた気がする。

こんなバンドに着いて来てくれた事に心から感謝。

いくつもの芸術が使い捨てされていくなかで

変わらずに応援してくれる人、

また新しく支えてくれるようになった人、本当にありがとう。

絶対に後悔させない、顔フアンがどーだとか

ちっちぇ事でパピコ同士を争わせるようなバンドにはなりたくない。

入り口はなんでもいい。

しっかりSuGというバンドに惚れさせる為に、

音楽映像写真デザイン全てのアートワークに対して

「俺たちが」頑張るから、どうか見てて欲しい。

一瞬でもSuGを応援してくれた人に

後悔させるようなバンドにはなりたくないな。


みんながみんな分かり合えるわけではないから、

嫌な人がいたら傷つけ合うことだけはやめて関わらないようにしよう。

それも現実。

だけど、ひとりでも多くの人と繋がって、

感動を共有したいってのも、しっかり現実!

希望的すぎるかもしれないし、理想論だけど、

やっぱりSuGという居場所の上で、

一人でも多くの人が手を繋いで

笑顔になってくれることを願ってるよ。

泣く場所も笑う場所も、しっかり一緒に創ってこうな。

今まで本当にありがとう。

これからもよろしく。

HEAVY POJITIVE ROCKでモノクロの世界をひっかき回そうぜ。

死ぬまで好きなことをやり尽くす。好きなものを創る。

それが蝶々との約束。


武瑠くんのメッセージは

いつもSuG対ファン そして受止めてくれる人達が中心で

他のメンバーも時々はプライベート的なのも出てくるけど

ちゆくんだって まぁたんだって 

ペペちゃんなんかSuG一色

ゆじくんは ゆじくんなりにゆじくんだし(笑)

デビューしたてだから当然って言えば当然なんだろうケド

SMAPとか嵐とか、、 デビューから何年も経ってるけど

マダこんな感じ ある気がするよ

武瑠くんのこの熱さ 想いみたいなのがマダある

ってか 伝わってくる

KAT-TUNもあるよ でも出さないだけだよ

そういうGの色だからって よく言われる

隠してるんだよって

、、、どうにも可笑しいんだけど

そんな小ざかしい小手先なコトが出来る子達だろうか

そんな高度なテクを使いこなせるようなしたたかな子等だったら

こんなに好きになってない

正直で

不器用な生き方しか出来んような

KAT-TUNだから好きになったんだし

ワザとそうしてるようにはどう見ても見えん、、。

いや そんなコトあえてする器量があったら苦労しない(笑)



ファンを導いて成長さすのも アーティストの務めじゃないかな

泣く場所も笑う場所も 

しっかり一緒に創って行こうな 



なんだか 胸が熱くなってくる

蝶々も何か 誓いがあってのコトなんだね

本当 伝えてくれてあがとう 武瑠くん


今、、

KAT-TUNと私達 同じ場所に立ってるんだろうか

下から上を見上げてるだけの 一方通行の愛のような気が、、


この首の痛さはそのせい??





コレは 暴れすぎたせいかな(笑)



スポンサーサイト