categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category竜也&KAT-TUN

とうとう 来たか、、、

trackback--  comment4
近いウチに来るなとは
思ってたケド



解散では無いとは言え

1年前から決まってるであろう アリーナやドームのあるツアー

初めてのアジア進出に参加しないダケの仕事だとは到底思えない。

オファーは数限りなくあるだろうし

普通ならツアー終わってからで充分な仕事だよ

アタシはメンバーみたいに納得するなんて、到底出来そうもない

もう無理な気がするアタシの中では

そりゃメンバーがかわいいから、メンバーの決断には突いていこうとは思ってるケド、、、、、、、

2回目だよ

前回がドコモさんで、今回は東京ドームや各地アリーナさん

多大なる迷惑を掛けるってコトの意味がマダ分かってない

東京ドーム各地アリーナさんは1年前からの契約だろうし

中止にはしなくても、日程は削ってるだろうし

なんと言ってもアジア進出
これも最近の話じゃないし

ええ?仁無しぃっ!!って空気が尋常じゃないだろうね

ブログで、なんで今ツアーやらなくてもトカ

メンバーの後押しの意味がわからないなんて書いてたケド

どんなに説得しても聞かないのが仁さんだって前回で分かってるよね

誰が好き好んで5人でやりたい?

契約を反古には出来ないでしょ

それが大人社会のルールだよ

今回事務所が認めたのも、これ以上6人で人前に出せないと思ったからじゃないかな

仁さんのあの態度では非難が集中して出し続けれ無いよ

スポーツ紙に、苦渋の決断って書いてあったケド

どう見ても、事務所の苦肉の策だよね

仁さんは、周りに迷惑を掛けるコトの重大さを未だに理解してない

ま、見るからに分かってなさそうだったし

俺はカワラナイって、雑誌各誌でも

もうええっちゅうのっ!!ってくらい言い倒してたし

事務所も仁さんが惜しいんだろうケド

もうキモチ的に無理っぽい

でも

このままじゃ落ちて行くかも知れんね、、、

可哀想だけど

結局、自分に負けたのかな仁さんは

事務所やメンバーが許しても 世間は許してくれないかも

そこまで、、、事務所やメンバーみたいに甘く無いんじゃないかな世間は

裏切り者のシルシが

レッテルとか生易しいもんじゃなく

刻印として押されてしまった気がするよ

可哀想な子だと思うケド、自分で乗り越えなかったんだから仕方ないね

一人でやった方がいいのかもしれない

結果は知らないケド

日本人が太古の昔から 仲間を裏切ったモノに容赦が無い国民性があると知らないんだね

表面にはスグに出さないケド

表に現れない潜在意識が働くんだよな日本人は

大きなグループ 仲間を捨てたモノに対する日本人の冷徹さを

これから思い知るかもね

竜也のコトを思うと悲しかったケド

仁さんがいたら 竜也は駄目になる気がしてたんだ

赤西ナイズされすぎてたから

ゆっちや亀ちゃんを見習って頑張って仕事する方が本来の竜也だと思ってたから

竜也は悲しむだろうケド

アタシは5人でやって行く道も有りだと思ってる

ごめん

マイナスなようで

めっちゃプラス思考だと思ってるんだけど自分では

竜也がまた 元気一杯ファンサ頑張ってくれるかと思ったら今からツアーが楽しみだよ

冷たいでしょ

でもアタシって、こういう人間なの

だって、2度目をやっちゃった子は何度でも繰り返すよ

可哀想だけど、周りに真剣に仁さんのコトを案ずる人間がいないんだね

だったら無理だよ

多分、帰ってもマタ繰り返すよ

そうは言っても帰って来て メンバーが許せば受け入れるんだろうケド

基本は成り行きに任せる

でも帰って来る気あるのかなぁ

デイリーさんに

発表コメントに残された5人へのエール無しって大きく書かれてたよ

前回よりひどいね

でも

仁さんは気付いてるのかな

常日頃仁さんが言ってる外見でファンにならないで

俺の中身や活動でファンになって欲しいって

今回のコトで確実に外見じゃなく仁さんの中身を好きだったファンが

多分大幅に減ると思うよ

しかも、ロスとかのファンだったら日本以上にセクシー仁のファンが殆どじゃないかな

結局仁さんにとって、KAT-TUNもメンバーもファンも

それだけの価値ってコトかぁ

もしこれが家族や友人だったとして

残された後の苦労を考えたら

果たしてこんなコトが出来るかな?

仁さんに聞いてみたいよ

そして5人

仁さんが帰ろうと、帰るまいと

君らはKAT-TUNなんだよ 堂々とツアーをやり切って

初めてのアジアツアーをやり抜くんだよ

もういい加減傘を借りようとする気持ちは捨てなきゃ

傘は無いんだよ 雨風をしのいで 嵐を抜けるには

自分の傘じゃないと ヒトのは返さなきゃいけないし、不安定だよ

ちゃんと自分の足で立って誰かのようにじゃなく

自分を見てもらわなきや

表面的にモテるのと 人間的に愛されるのと

どっちが人生の上で価値があるのか

それが分かれば、おのずとコンサートでのファンへの態度が分かってくるはず

アタシは広島のゴクーンの漫画魂は 最高にいい出来だったと思ってる

グッズのデザインから舞台装置

コンサートの基本軸 ストーリーが出来てたし

何より一貫性があったし

この際言わせて貰うケド

センスが良かったよ

こうちゃんのセンスかな?竜也も舞台にかけてはマウピで素晴らしい才能を開花させてるし

漫画脳のもんだよ 2次元ヲタクのじゅんのもいるし

ウワサではじゅんのがレゲエとか聞いたケド

色んなジャンルやりすぎ じゅんのは誓心的アニメヒーローが1番だって

こうちゃんは自分の世界をもっとわかりやすく
カラオケで歌えるくらいにおろして

竜也はロックもやってみろよ!!ってか 作曲頑張れ

亀ちゃんはエロセクシーで キュートセクシーでもいいよ

肌見せ有りでお願いします!!

もちろん竜也もドSもんは外さないでね

肌見せもよっ!!

ま基本竜也のバラードも好きなんだけど 切ない苦しい愛の歌もいいな

とにかくっ!!

アタシは新しい門出だと思ってる

5人にも仁さんにも いい選択なんじゃないかな

とにかく決まったんだし、アタシは竜也とKAT-TUNを応援するのみだ~っ!!
スポンサーサイト
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
はじめまして。

今回の件、いろんな方面から批判されることを覚悟の上での
決断だったかと思います。
最終的に決断をしたのは、仁一人でもなく、5人でもなく
社長でもなく、KAT-TUN6人と社長と事務所関係者だと思います。

仁の中身が好きなファンが減ると書かれてますが、
私はそうは思えません。
アメリカ進出と言う、本来なら、みんなに祝福されるべきこと
なのに、ツアーと重なってしまったがために、あちこちから
批判される仁をむしろかばいたいって思うファンのほうが多いかと
思います。
数限りなくあるオファーと書かれてますが、そんなに数限りなく
オファーがあるものでしょうか?
このチャンスを逃したら、二度とないって思ったからこそ
行くことに決めたんだと思います。
仁がアメリカで歌いたいってのは長年の夢でした。
それは、近くにいたメンバーが、一番よく分かっていると思います。
だからこそ、後押ししてくれたのではないでしょうか?
そりゃあ私だって、初めてのアジア進出
6人で成功させてほしかったって気持ちはあります。
それは、5人のメンバーも仁も同じはず。
だからこそ、苦渋の決断だったかと。

私は友&仁をみて、仁って本当にすごい人だなって思いました。
この類まれなる才能をもっともっと多くの人にわかってほしいと
思いました。
ただ、アメリカは本当に厳しいとこだと思います。
頑張れば成功するなんていう生易しいものではないでしょうし
だからこそ、チャレンジしてみたいんだと思います。
仮にこれが失敗に終わってしまったとしても
それは仁にとっても貴重な体験になるかと思います。

アメリカからオファーされる仁を誇りに思うし、
それを後押ししてくれる5人のメンバーのことも誇りに思います。

決まってしまった以上、私は、仁とKAT-TUNを応援します。

長々と失礼しました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます









        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。