categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category赤西仁

余計な飾りをとっぱらったら、、、、

trackback--  comment0

なんで、美談のままにしとかないのか

その方が5人の為になるのにって思う

その方がツアーも始まるコトだし、竜担のブログでこんなコトを書いたら竜也が憎まれるかもしれないし(凄い方達が沢山いらっしゃいますから)

チケットの売上にも影響があるかもしれない

好きなら触れるベキじゃないって

誰しもが口をつぐむ

でもマダ前回は仁さんに情が感じれたし、仁さんの心や想いがわかったし同情出来る部分もあった

でも

悲しいケド今回は違う

今しかないビッグチャンスなんだから、

やりたいコト、夢を掴む為のチャンスでメンバーも後押ししてるんだから

才能を世界に知って貰うまたとないチャンスなんだから

って

普通の状態だったら、仁さんには才能があるって言い続けて来た私が、本当にビッグチャンスでまたと無い機会で

仁さんにメンバーやファンや周りの人達に迷惑を掛けて申し訳ない

でも頑張って、つけた力を必ずやKAT-TUNで生かすから

って、ハリウッドへ行く前のニノくんから感じたようなメンバーやファンを思いやるキモチが感じ取れれば何もこんなに言いはしない

両手を上げて応援する

でも、悲しくて残念だけど、、、、、

最近の仁さんには、はっきり言ってもうKAT-TUNやメンバーに対する情が感じ取れない

こんな状態だったのに、苦渋の決断をして決めたって

美談で丸く治めるなんて

嘘臭すぎて突いて行けないっ!!

美談って割には

メンバーからの応援のコメントはあったのに

仁さんからは、意気込みは沢山聞いたケド

メンバーに対する申し訳無いなどのお詫びの言葉やエールなどは全然無かった

これから会見とかあるだろうからそこでこの胸のザワメキを抑えて貰いたい

まさか、、、、

会見しないってコトは無いよね

愛するキモチで一杯の心は綺麗で、耳障りのいい言葉に包まれて、辛く寂しい現状から目をそらそうとする

後付けの都合のいい理由で納得させるのは

愛する心を利用した

昔からよく使われる常套手段

事務所が出して来た理由なんて、どうにでも脚色出来るものばかり

アメリカって言ってもケーブルテレビ局の子会社で

ロスにはジャニーズファンいっぱいいるし

2500くらいなキャパのクラブで2回公演なら

現地の日本人ジャニーズファンとその友達くらいで充分うまる

昨今の海外での日本のV系バンドブームで、V系に近いとして人気のあるKAT-TUNの、特に赤西仁であれば

友&仁の後に

申し訳ないケドあの位の規模であれば普通にオファーがあっても不思議じゃない

ビッグチャンスの糸口には成りうる可能性はあるけど

まだビッグチャンスとまではいかない

なのに、何故このタイミングで事務所が仁さんに知らせたか

それは、行かそうと思ったから

あの事務所が、ビッグチャンスを掴む前段階で

エージェントからのスカウトを待つ為に半年間もロスに滞在させるなんて

しかも本体グループが初めてのアジア進出するこの時期に

前回の留学と理由を変えたってコトではよく考えたなって思う

前から何度も言ってるケド

この世に偶然ってそんなに無いと思う

前回も今回も、これから大きな飛躍って時に起こってる

これは、何かの力が働かないと

中々偶然っていうのも考えにくいと思う

筈なのに

あっさりと納得してしまう心優しいファン達

アニメフェスタがあるから、エージェントが多いからって

後の日程も、決まって無いけどオファーがあるかもだから空けとくって

まだオファーがないなら、あるまではツアーに参加というコトにして

途中オファーがあって、不参加に突如なったって

それこそ、心の広いKAT-TUNファンは残念ではあっても喜んでロスの仁さんへエールを送るよ

ファンやメンバーに思いやりがあれば、移動とかで寝る時間を削ってもそうするし、させる

後から出来ない理由あげてくるかもだけど

マダ2回しかライブが決まって無いのに10月マデ一切不参加を打ち出したのは

天秤(ソロバン勘定とも言う)に掛けた時に6人で出すよりは 5人の方がまだいいと判断したから

もしくは、フェイドアウトの可能性も無きにしも非ず

応援してるふりして、仁さんを排除する方向の可能性も有り

ま、そういう考えが出るくらい、仁さんの最近の態度は、ヒトとして、働く大人として、男としてよくなかったと私は思う

事務所はリスクのより少ない道をよく考えて賢く選択してる筈

だから

偶然訪れた美談では無いと思う

仁さんからのアピをきくわけには行かない事務所

でもこのまま6人でツアーやらしても いい結果になりそうもない

そこに、アメリカ(ケーブルテレビの子会社)から2回のライブのオファーがあった

ツアーと重なっても決行する理由は エージェントが多く集まる時期だから

またと無いチャンスのように書かれてるケド

アメリカで成功する難しさを考えたら、非常に薄い

まだ限り無く始まりの前の前段階くらい

基盤であるグループの初めてのアジアツアーを完全不参加で打ち出す理由としては、冷静に考えて非常に弱い

なのに、上(事務所)から下りてきた話を すんなりと素直に受け止めて

疑おうともしない

こんなんで、とてつもない魅力的な指導者が現れて、美しい理由を心地良く説いて回ったら

すぐに、戦争はホントは駄目だけど

これは仕方ないよ 彼の為だもん堪えなきゃ

って構図が見えてきて恐ろしい

仁さんからKAT-TUN愛、メンバー愛が伺えるのならまだしも

今の仁さんに昔のような情は感じられない

だから美談にして 前回と同じ時を刻むのは

余りにも 無意味で、悲しい

出来れば、早く決断した方がいい

4年8年と繰り返して結局、ってなるよりは

目先の利益が減っても 今決断した方が5人の為にも仁さんの為にもなると思うから言ってる

そして、KAT-TUNのファンの為にも、本当は早く決断した方がいいと思うんだけど

海外で活動もいいケド、早々逢いに行けないもんね

国内でもやってくれるならマダ我慢出来るケド

いっそ綺麗に仁さんのファンは仁さんを応援して

5人のファンは5人を応援した方が

実は平和な道筋じゃないかな

なのに、事務所は利益優先で

他のGを抑えられなくなるからって理由で仁さんをソロで切り離す訳にはいかない

子供の頃に大人の勝手な趣味で寄せ集められたんだから、どうしても合わなくなる場合もあるのに

ただ本当に才能があって芸能界を生き抜く力のあるヒトは、性格が合わなくてもなんとか折り合いをつけて、グループ活動もソロ活動もちゃんとこなせる

それくらいでないとアメリカどころか日本での成功も危ういけどね

美談を演出して5人でも儲けて

万が一成功したら仁さんからの儲けも事前に確保

失敗したら、良さそうな感じだったら戻して、調子悪そうならフェイドアウト

そんな事務所に乗っかって自分のソロ活動のチャンスだと決めてしまう仁さんが悲しい

グループやメンバーへの情は無いのに、苦渋の決断をしたと美談として打ち出すなんて

どこまでファンをバカにしてるんだ

事務所のソロバン勘定で

仁さんの未来も

5人の未来も

ファンの未来も

あんど、大切なお金と愛も

削り取られていく

KAT-TUNは6人でなくちゃ嫌だって気持ちは充分すぎる程わかる

アタシだって嫌だ!!6人が幸せの象徴だもの

でも状況が変わったんなら、素早く対応した方が傷が少なくて済むよ

でも いくら片隅で叫んでも

何も変わらないのは、今までの経験でよくわかってる

前回(留学の時)も全然駄目だった

結局私も竜也可愛さに従って行くコトになる

でも

黙って言う通りになるのは嫌だ

竜也を人身御供に取られて言いなりになるには

余りにも癪にさわる

言う通りにしてても、ナカは見てるぞって

彼ら(仁&ジャニさん)に言っときたいから



そろそろ

チケ取りに頭を切り替えなきゃね
スポンサーサイト
 









        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。