categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category竜也&KAT-TUN

KAT-TUN福岡 これだけは

trackback--  comment0
帰りの新幹線でのビールが美味すぎた

寝ぼけて、記事全部けしちゃったケド気にならない

若干、アタシにはファンサが薄い気がしたケド気にならない


今日仕事だし
時間無いから簡単に言うと、、、





すーばーらーしーいー!!

ほんっと!!!

心配なんて ぜんっぜんいりませんっ!!!

ええ ええ

そりゃ 歌の部分では
あの仁さんがいないワケだし そりゃ 違いますよ

でも、、、

気にならなかった

何故って、、、、、

5人のファンサと一生懸命さと 熱い情熱が半端なかったから

こ、これが KAT-TUN?

みたいな

でも 待てよ、、、

コレはどこかで見たコトがある

お客様は神サマーのKAT-TUN

晴れ晴れとして、突き抜けるように清々しいファンサ

亀ちゃんやじゅんのは、いつもファンサ凄いケド

それでも、これまでと違う

イキきってる

誰に遠慮があるものか
的な感じで

イキあがってる

こうちゃんも そうだった 晴れ晴れとしてた

晴れ晴れと気持ちよく男前だった

亀ちゃんは 途中で目がイってた

ゆっちも 珍しくスィッチ入った的な 羽目を外しちゃった的ノリだったし

じゅんのが大人しく見えるくらい

4人が凄かった

竜也なんて、
1回ダケ極上天使スマイルくれて

それからは アタシにはうっすーい感じなファンサな気がしたケド、、、、、

なワケ無いよね
気のせい 気のせい

でも、アタシなかったケド
他では もう もう

本当に素晴らしい限りのファンサで 極上アイドルスター

笑顔 指差し 笑顔 お手振り 笑顔 指差し

もう 言うコト無いです

でも、竜也は コレが本来の姿じゃないでしょうか

MCにも 積極的に参加して、今マデの竜也が嘘みたい

1部では、じゅんののサングラスかけっぱだったのはNGで

こうちゃんにも突っ込まれてた(笑)

あ KAT-TUN魂初のメドレーが良かったなぁ

アレは最高だった

そして先にコレだけ

竜也のソロ

いいとは聞いてたケド

アタシ的に、竜也のソロの中で最高傑作かな

曲も竜也が創ったんだよね?

童話の原作が、本来非常に残酷なのは、最近ではもう知れ渡ってると思うケド

幼子に人生の厳しさを叩き込む為に

人間の底なし沼な恐ろしさを書き記したのが、童話の始めの姿

それを 現代に置き換えた

恐るべし、上田竜也
目の付け所が違う

可愛い チョー可愛い上田画伯のうさたんが

優しい顔して、まんまと仲間に入り込んだ狼さんに

次々と喰われて行く、、

そのウチに、逆に自分の姿を変え

狼への復讐を遂げていく、狼以上に残酷に、、、

結局、恐ろしい生き物になった兔

どちらが正しかったのか、どちらが正義だったのか

曲も竜也の声域の範囲で創られてるし

アニメが 1つの作品として素晴らしかった

アニメーターさんが創ったにせよ、原画は竜也だし

あの普段着的衣装が、普段の日常的状況を現す為のものだろうし

スタンドマイク持って、パフォーマンス無しなトコが

この曲には、余計合ってるし

最後の破壊?破滅的シーンも、低予算の中 上手く表現してる

コレって、1つのアーティストの作品だよ 出来上がってる 素晴らしすぎる

アタシの好み過ぎる

竜也はLOSTみたいな、ダークな深遠を創らせたら天才的だ

優しい、綺麗な、切ないバラードも最高にいいんだけど

こっちの世界の方は、凄すぎるパワーを持ってる

直接的過ぎた詞の表現が、今回は軽くオブラートにくるみながら、毒を撒き散らす、、、

最高の作品よ アタシにとっては

絶賛に値する 誰の意見を聞いて確認するまでもなく

アタシは最高だ 好きすぎる

次回のマウピのテーマはコレだ

竜也は、絶対にこの才能を伸ばして行かなくちゃ

ボヤボヤしてられ無いよ 日々精進して 一作でも多く、この世に残さなきゃ

って 思いました

とりあえずの感想書き殴りました

では、行って来まぁーす
スポンサーサイト
 









        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。