categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category雑誌竜也&KAT-TUN

FRIDAYだけどサタデー(笑)

trackback--  comment0
やっと現物見ました

KAT-TUN解散の危機ですか~

意外でした

これは
私のトコにコメントを書いてくる一部の仁担さんがよく書いてきますが

今のKAT-TUNのライブを実際に観たり

アルワンやカツスタを毎週聴いてたり

雑誌等の彼らのコメントをくまなく読んだりしてるヒトなら一笑にふすと言うか

全然カケラも脳裏に浮かびませんでしたね

大体あのキチンと計算して ファンや世間の流れに敏感なあの事務所が

解散しそうな(させるかも?)なグループを

初のアジアツアーに行かしたり、全国アリーナツアーを始め

PV付きのDVDなんて出すワケ無いじゃないですか

むしろ
5人にエールをくれてる感じがします

竜也がマニュで5人で行ったって書いたのは

本当に久しぶりに5人で食事に行ったからでしょう

最近本当に行かなくなってましたから5人では

rabbit or wolf の歌詞が仁さんと5人のコトだって仁担さんの間で流れてたんですね

私はカケラも思ったコトなかった(笑)

全然違う見方してました

例えば、味方だと思ってたファンが 見方のフリして中を見て

ある日牙を剥いた
兎年のファンに対してかと(笑)

ビクビクしてましたよ(笑)

色んな受け取り方の出来る歌詞です

その点で竜也の意図が的中してますね

いやぁ参りましたよ

でも これはKAT-TUNも悪いです

それだけ 見て貰って無いってコトですよ

"嵐"みたいにちゃんと見て貰ってたらわかるのに

ま これから頑張りましょう

事務所への憤りを書いて来る仁担さんも多いですが

一部の仁担さんの暴れ方を見てると

事務所の対処の方向が見えて来たりもします

あの事務所のお商売のやり方トカ思うトコは沢山ありますが

実際、上場してないとは言え立派な大企業なんです

しかも
大勢の未成年者を抱えて、1人でも多くデビューさせて 1人でも多く芸能界で仕事を続けれるようにしなくちゃいけない

それを考えるとグループで売り出すのは理にかなってるし

グループで活動させるコトによって人間的にもとても成長出来るし

悪いコトばかりじゃない

仁さんにグループがどうしても嫌なら

飛ぶ鳥後を濁さずに決断しなければって書いたら

事務所に残ってソロ活動するコトも許さないんですか
って言って来た方がいましたが

私も事務所に残ってそのままソロ活動出来たらいいなとは思いますが

実際問題として
今の大きなグループやこれから育って来るグループに示しが付きませんよね

抑えが効かなくなる前例を作ってしまうコトになりますから

ジャニー社長がさせてやりたいと思ってもかなり難しいでしょう

それでも
このままロスのライブが成功したとして

アメリカ担当としてソロの道を作ってくれようとしたのかもしれませんが、、、

仁さんは自らの行動でその道の可能性マデ難しくしてしまう

FRIDAYさんは
こうなる前を知らないので

仁担さん達のコトバをそのまま捉えてるのでしょうが

出来事には、必ずその前があるものです

竜也が2年前くらいまで仁さんからなしのつぶてでも

プレゼントを吟味するのが楽しいんだって

誕生日プレゼントをあげ続けてました

選び抜いたペンダントを赤西にプレゼントしたって
こっちが恥ずかしくなるくらい嬉しそうにラジオや雑誌で言ってたり

誕生日メールに返事も無くどうせ赤西からは何も無いよなぁってつぶやいてたり

KAT-TUNは竜也やゆっちダケじゃなく

ずっとメンバー同士でプレゼント交換してきたんですよ

1抜けしたのは仁さんで、しかも
誰にもプレゼントなんかしないヒトならいいですが

自分の仲間にはプレゼントしぃの メールは直ぐに返しぃのだったんですよ

相手によって態度を変えるのはもう何年も前からの態度です

それでも竜也の仁愛は凄くて、仁さんを誰よりも格好いい理想の男像として崇拝してましたよ

仁さんが華奢は外人にモテ無いっていったら

そうかぁって素直に思っちゃうくらい仁さんがいいと思ってますね

それでも最近の仁さんの態度はよくないと思って

赤西は前と全然変わって、笑わなくなって

まるで鉄仮面のようだと言ったのでしょう

それは深い愛情があっての発言だと私は思いますが

アメーバの方で
息子さんを仁さんみたいな男に育って欲しいって思う

自分と息子は駄目人間と言われてるようです

って書かれてるRママさん

仁さんみたいなダンスの上手いカッコイイ男になって欲しいと言うのはわかります

以前の仁さんは、優しくて明るくて

弱ってる子に手をさしのべるコトの出来るいいヤツでした

今も本質は変わって無いって信じてますが

最近の仁さんは迷い子になってる気がします

以前の仁さんはともかく最近の仁さんの行動を
息子さんにどう説明するのですか?

最近の仁さんの目には
輝きが感じられませんでした

息子さんの目は輝いてるんじゃないですか?

息子さんのような子供さんを持つ友人は

私の周りにも何人かいて、最近とても仲のいい友達の姪っ子もそうだったんで

この前打ち明けられましたが、今まで全然気付きませんでした

友達の妹さんも最初は多くのお母さんと同じくナカナカ認めたがらなかったそうですが

今は伸び伸びと明るく、元気一杯にダンスを頑張ってます

その子にとっては、生まれて来た自分のその姿が自然の自分なんで

その子が自分を好きでいられるように

その子に合わせた成長を遂げさせてあげたらいいのではないでしょうか

友達の姪っ子は、一度聴いた曲は忘れないって能力に長けてます

今は専門のクラスに通って明るく伸び伸びと頑張ってます

その姪っ子ちゃんを見て、私は心の底から友人と友人の妹さんとお母さんやお父さんを偉い凄いと思って感動しました

その子が自分が大好きで芯から伸び伸びと明るく育ってるからです

ブログを拝見させて戴いた限りでは

今の仁さんとはかけ離れてないですか?

表面を上手い理由で覆ったり

誰の目からも逃れたと思ってても

自分を見つめる自分自身の目ダケは閉じるワケにはいかないんです

人として駄目な行動は、自分しか知らないとしても、、、

無意識的に澱-オリ-となって溜まって行くから

Rママさんのブログを見させて頂いたら

3人の子供さんを、個性に合わせて
上手に育ててらして

励まし方や叱り方などもその子によって考えてるし

全然駄目母なんかじゃないです

私こそ、とんでもない駄目母ですよ

どんなに好きだったり愛してたりしても

普段は大いに応援してても

コレは違うって時にはキッパリと叱らなくては

結局大人になってから彷徨い人にしてしまう

他の子と一緒を望んで、怒るばかりの毎日を過ごすより

その子が自然でいられる育て方をして

人として間違った道を行きそうになったらこっぴどく叱る

コレでいいんじゃないかと私は思います。

物事にマダ間に合わない もう遅いってコトはめったに無いので

仁さんが、わかってくれる日が来るんじゃないかと今でも思ってます

ですが
今のままでは、決して駄目なんだと言うコトなんです

って言うコトで
今のKAT-TUNは、そりゃ一大事の時ですから

気合い入りまくりで、無理してるように見えるかもしれませんが

彼等は今必死なんですよ、今マデ必死になるコトを格好悪いコトとしてきた彼等が

必死で頑張らないコトの方が格好悪いって気付いたんです

必死で頑張ってるライブの奴ら

仁さんに比べたら全然でしょうが

私には SPに格好良かったですよ
スポンサーサイト
 









        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。