categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category赤西仁

やっぱり どう考えても

trackback--  comment4


ここ数日
葛藤の日々が続いてました

私からの毒吐き電話で迷惑をかけた方達ごめんない

でも、
やっぱりおかしいです
今の報道のされ方は疑問です

アイドルのコトで友達との関係を壊してしまうのは馬鹿なコトだとは思いますが

口を閉じて楽しく騒いでた方が賢い無難な生き方だとも思いますが

やっぱり一言言っておきたい

KAT-TUNや竜也の為にもならないし

ましてや竜也は仁さんが好きだろうし

でも、黙って応援なんて仁さんの意図が見えてるのに、そんななコト私には出来ないんです

責められるのも承知の上です

仁担さんごめんなさい
傷付けるコトになっても

こんなコトがまかり通る世の中だとは、、、、

やっぱり、、、、、
どんなに考えても仁さんは応援する気になれないんです

自分の好きなコトを貫いてカッコイイって仁さんの今回の一連の行動に憧れるって男の子がいると聞きました

でも、私には仁さんの
あの生き方は決してカッコイイほめられた生き方とは思えないんです

どんな生き方しようが、仁さんの勝手ですが

でも誉めちゃいけないし、同情しても駄目だと思うんです

若い子達が仁さんみたいな道筋をカッコイイんだと思ってやり始めたらと思うと怖いです

駄目なコトは駄目だと大人がキッパリした態度じゃないとと思うのです

ただ、若者の多くはしっかりした考えで答えを出してると思いますか゛

仁さんの記事とまさみんの記事を分けて欲しいと言われましたが

あれはワザとでなんす

感じて欲しいから

仁さんの件で様々な意見を貰います

友達も無くすよとも言われました

その通りでしょう

仁さんを好きな小さい子を傷付けるコトになるんだよ

と言うコトバで

私は言わなきゃ駄目だと思いました

今の日本のこの風潮が、子ども達に伝わってはいけないと思います

人の道が曲がってはいけない

KAT-TUNのファンとか竜也のファンとか関係ないです

ファンを傷付ける為に言ってるんじゃないですが

だからと言って見過ごせないんです

見えたからには黙っていられない

特に違うニュアンスで伝わってる今は

ファンの方は、本当の姿を見つめてと言っても無理でしょうが

それでも好きなのは仕方ないですが

でもコレは価値観の違いで

私にとって、アイドルが好きと言う娯楽と言うか趣味の世界よりも

精神世界の方が価値が高いので

人間関係のしがらみがあるからと、色んな人生がある中

一番カッコ悪い生き方をカッコイイ生き方だと子ども達に伝えたく無いんです

竜也と一緒のB型天秤座のウチの子は

お母さん、もうほっときお母さんが言わなくてもみんなわかってるし

見合った結果が出るよと言います

でもこれは、KAT-TUNにも竜也にも関係ない

たまたまブログしてたからここで書くだけで

テーマの違うブログをしてても、見えたら書いてると思います

最近ここまでの人がいなかったダケで

こういう人間を目の当たりに見てしまったからには

黙ってはいられないと言うコトなダケです

こういう生き方の人に身近で出会ってて

嫌と言うほどその心理がわかってると言うのもあります

自分からは動かないで周りを動かすように働きかける

無意識かもしれませんが本人は気付いて無いのかもしれませんが

全然不器用でもシャイでも弱くも無いです

そして
決してカッコイイ生き方では無いと反論します

もう仁さんのコトは見ないでと言われますが

それこそズルい
仁さんの思い通りにコトが運びそうだからですか?

今の報道のされ方は、余りにも180度ニュアンスが違うように感じられます

KAT-TUNも竜也もゆっちもじゅんのもこうちゃんも亀ちゃんもとっくに許してるし

仲良しなんだから、ファンが言うベキことじゃない

ともよく言われますが

KAT-TUNは許してても私の気持ちが静まらないんです

世の中の不条理さえ感じてしまうんです

仁さんは、今でもわだかまりを持ってるように私には見えます

未だに行動アピを止めないのがその証拠では無いでしょうか

KAT-TUNを辞めたとたん精力的に活動して態度も愛想も良くなるのが何よりの行動アピとも言えますが

口でハッキリ言う方がマダ男らしいです

言わないケド行動でアピるのが一番卑怯だと私は思ってるので

とは言え、口でも分かり難くアピしてますが

田口がアドレス変えてるかもって寂しそうに言ったと書かれてましたが

たぐマニュで仁さんにエール送った後に

赤西くんにメールしたケド返事が返って来ないよ
返事ちょーだいよって書いてましたね

じゅんのからメール来てるんだから返信したらいいダケですよね

記者さんに謝るように言って下さいと伝える亀ちゃんを

みなさんはどう捉えますか?

記者さんがテレビを通じてメンバーへ一言って言ったら

朝起きてませんよ

ミヤネ屋さんがウチは夕方だからって言ったら

後でメールしますよ

頭下げたく無いだけじゃないですか

ちゃんと言ってるのにカットされて悪意を感じますって言う人もいましたが

どんなに素晴らしい場面を付け足してもこの横柄な小馬鹿にした感じを払拭出来るとは思えません

ずっと、何年も
なしのつぶてだったのは仁さんだったんですよ

話し合いの場を避けてたのは仁さんです

忙しいから時間が取れなかったなんて

あれだけクラブに行ける時間があるのにそれは無いですよ

マネージャーからのメンバーの変更後アドレスを速攻で消すって言ってたのも仁さんです

一刻も早く帰りたくて、遅い奴がいたらムカつくって言ってたのも仁さん

適応障害なんかじゃないです

適応障害の人は、馴染めなくて申し訳ない気持ちが高すぎてなるんです


こんな横柄な考えが出るある意味バイタリティがある人は、、適応障害じゃなくただの我が儘です

KAT-TUNからはねられたんじゃなく

自分から離れたんです
KAT-TUNが思い通りにならなかったから

竜也なんか、仁さんに比べたらちっぽけで

全然敵じゃない筈なのに

仁さんは、大きな心になれなかった

突っ込めるかどうかの微妙なラインですが

ブライドのある人なら、かぶせてると取られたくないから絶対かぶせないし

かつての仲間に対する思いやりが少しでもあればかぶせない

第一話題に上るのを避けたいと思うのが本当のトコじゃないですか?


あえて選ぶなんて有り得ない

私は仁さんと竜也の仲良しさんな2人が大好きでした

竜也に手をさしのべてくれた仁さんを男気のある情のある男だと心底信じ切ってました

そして、成長も信じてました

でも
人って変わるんですね

あんなに 上田 上田 言ってたのに

自分に苦言を言ったり、自分につかなくなったからか

竜也が大人になって、亀ちゃんのコトもわかるようになったからか

KAT-TUNはみんな成長していったのに

仁さんダケ成長が止まったままだったような気がします

今は、仁さんが可哀想でKAT-TUNが仁さんを外した

みたいなニュアンスの報道をされてますが

KAT-TUNを裏切ったのは仁さんです

仁さんが
私の一番嫌いなタイプの男になって行くのが腹立たしくて仕方ありません

竜也はずっと仁さんが好きなんだろうけど

私は、こういうズルい生き方をする人間が一番最低だと思ってます

仁担さんごめんなさい
でも、綺麗じゃないのに綺麗とはどうしても言えないし

黙ってるのは出来ない
このまま仁さんの生き方がカッコイイになっては駄目です

竜也は
仁さんが行ってしまった世界の人達から言わせたら

カッコ悪くて、ウザくて、イタイ子でしょう

結局、下に見てた部類の竜也がソロコンであんな大きな会場ってのが許せない

そう取られても仕方ない行動です

だから、絶対にかぶせるトカはしたくないと私は思いますが

全然平気で、何がいけないんですか?
と聞いて来る人もいました

竜担さんには、すっかり仁さんよりの考えで

仁さんが適応傷害だったって庇う人や

適応傷害の人が怒ると思いますが

私の行為を営業妨害してるって言う人もいましたが

長年KAT-TUNの営業妨害をしてきたのは仁さんじゃないですかと言いたいです

竜担さんですらこうなるから恐ろしいです

好きなコトしてたらこうなった、、、

綺麗な言い方ですよね
実にカッコイイ言い方です

よく言うなぁと言うのが正直な感想です

情けないです

ずっと
脱退を匂わせてゴネてたら

本当に脱退させられたって言うのが本当じゃないんですか

脱退が決まったらシングルやアルバムをジャニーさんに頼んで

結局アメリカのレーベルと提携なども無く
日本のレコード会社からCD出すだけですよね

KAT-TUNやりながらでも充分出来る仕事じゃないですか

ジャニーズ事務所が売り出してるんだから

ツアーもお願いして

FRIDAYに
アメリカが2ヶ所減ったのは集客が望めなかったからで

本人には可哀想だから場所が取れなかったって伝えたって書いてましたが

本当かどうかはわかりませんが

しかしココで改めて
みなさん忘れてますが

どこにも、ビッグオファーなアメリカなんか居ないのがわかりましたか?

全部ジャニーさんがお膳立てしてやってるんです
仁さんから要求されて

壮行会も結局仁さん発信で、ファンの方が仁さんの意向に基づいて決まったそうですね

だから日程を仁さんに聞かずに決めるってコトは絶対無いです

思いやりがある人なら、かぶらないようにするでしょう

むしろ、足を運ぶのが自信のあるプライドを持ってる立派な男だと私は思いますが

でも、日本からツアー組めばまかなえるのにしないのは偉いって書いてありました

どこが?って正直即座に思いました

それは、バカにしてた日本のファンに助けられたってカタチを残したくないからじゃないですか

ブライドでは無く見栄です

最初ツアーと同時に日米同時発売を赤西は望んでたが

KAT-TUNのCD発売と重なるから事務所から制されて赤西のは年頭に変えたって記事

コレ読んだら事務所がKAT-TUNを守って仁さんが気を使ってるように取れますが

KAT-TUNのレコーディングは随分前ですから

仁さんの方が後ですよね

仁さんは、KAT-TUNのCD発売に被せたかったんじゃないですか?

竜也のオーラスに自分の初日を被せたのと一緒の心理じゃないですか?

流石にそれは阻止されたってコトですが

仁さんの周りには偶然が多すぎます

自分の人気を見せつけたいと思われても仕方無いのでは?

そんなコトしなくても人気あるのに

意外に自信無くて、不安なんだと思いました

ね、こういう風にとられたくないからブライドを持ってる人はやらないんです

ブライドの持ち方は人様々だと言いますが

基本軸は変わらないです

でも、こういう行動が平気なのは

よほどプライドが無いか、モラルや道徳心を教えられずに育ったのかと気の毒にさえ思います

誰がどんなに庇っても、仁さんの生き方は綺麗でカッコイイとは言えないです!むしろズルい

カッコ悪い生き方です
それを全面に打ち出してヒールに徹底するのであればカッコイイですが、、、

そうであれば見直しますが

それくらいなのに、、、、
まるでKAT-TUNが悪者みたいになってて

誰が何と言ってもアタシは騙されないです

仁さんへの失望が悲しみから怒りに変わりました

竜也は仁さんの意図を気付いてるし
ゆっちも仁さんの本心も意図もわかってる

でも、大人になって仁さんを可哀想にとさえ思い始めてる気もします

やっぱり長男なんですよね

亀ちゃんは相変わらず怒ってる感じですが(笑)

でも、怒って当たり前だと思います

SMAPで言う所のキムタク兄さんの役割です

誰かがしなきゃいけない味噌を引き受けてやってくれてるんです

ですが
糠に釘 のれんに袖押し

言っても無駄な気がしますが

世間が仁さんに流されちゃうと

若い子達に、夢の実現の為には、ズルして上手く立ち回ってもいいんだと刷り込むコトになる

夢を手に入れるには、恥じない道程と

しがらみと捉えがちな人とのつながりをないがしろにしては、本当の夢の実現じゃないって伝えるのが大人の務めだと思のですが

自分のやりたいコトを無理矢理貫くのは

ただの我が儘なんです

このままだと夢の為には昔からの仲間や友達を簡単に切り捨てて

自分のやりたいコトを周囲に関係無くやっちゃった方がカッコイイと思う人間に育てるコトになりませんか
スポンサーサイト
 
No title
はじめまして
こちらにお邪魔させていただいて、2年ほどになりますが、はじめてのコメントです。正直
私はアラフォーのいい大人です。(笑)色々と心に引っかかることなど、モヤモヤした気持ちも沢山ありますが、こちらにお邪魔すると、心がスッキリします。最近の会社で一番初めにすることは、こちらにお邪魔して元気とやる気をチャージすることです。(笑)
私はある日突然上田竜也という人に心を奪われてしまいました。それからは、色々なことがあり母親みたいな気持ちで、いつも心配したりしています。心配事が少なくなる日が来るといいなぁと思っています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
HIRO
私の思っていた事を全て仰っていて、読んで安心しました。常識のある方がいて良かったです。私も今回の走行会に関する週刊誌の書き方には腸が煮えくり返る思いなので。
ずっと迷惑をかけてきて、5人の気持ちを踏みにじる行動を取って裏切ったのは彼の方で、可哀想なのは苦労を押し付けられた5人の方です。まるで5人が彼を追い出したみたいな書き方なのが許せない。孤独になったのはどう考えても自業自得だし、責められるのが普通ではないですか。赤西さんも、何も言わないのは肯定と同じです。自分を庇う為に5人が悪者にされる事も気にならないのですね。それを感じた瞬間、彼への愛着が一気に冷めてしまいました。
私も彼の生き方をカッコイイとは一切思いません。むしろ醜く薄汚い生き方です。私が思うカッコイイ生き方とは、以前もコメした「自由っていうのはなんでもありな状態ではなく、責任とか覚悟が伴ってこそ自由だと思う」と仰ったアーティストのそれだと信じて疑いません。困難にぶつかる度に感じる痛みや迷いを糧に曲を作り、自分の弱さを歌にさらけ出す事が出来る…綺麗事ばかり並べるんじゃない、自分自身や現実としっかり向き合っているからいい詞を書くし、歌唱力に恵まれてはいないけれどもそれでも沢山の人の心を掴む。…KAT-TUNに、特にたっちゃんにはこういうアーティストでいて欲しいんですよ。自分の足の足で前に進む彼女の様な。
仁担の方、もしくは彼を手放しで祝福、応援する方々。もう一度、ちゃんと見てから判断して欲しいです。
楽しい部分だけ見ているのは、衝動的に逃げ出してるだけです。叶える為に必要なのは犠牲じゃなく努力です。惰性じゃなく真面目に進む道でなければ、得られる物は脆いと思います。気付かないまま進むと恐ろしい事になるんです。
くみきぽ様。出来ればこのメッセージを少しでも多くの方に伝えて欲しいです。私はブログを立ち上げていないので、ここで訴えます。長文失礼しました。
こんにちは。
前からちょこちょこのぞかせてもらってました。
神戸マウピ三回連続入った上田君ファンです(^-^)
あんまり、深刻に考えなくていいと思いますよ☆KAT-TUNのメンバーはそれぞれに精一杯頑張れる場所が用意されてて、しかもそれを確実にステップアップにつなげれると思います。マウピでそれは確信しました☆赤西君は、去年の大阪コンサートで初めて見ましたが、別に普通の人だと思います。ただMCで留学話を持ち出したのに、落ちもなく終わった時に、多分この人ばかなんだろうな~とは感じました。
所詮同僚でも友達でもファンでもない人がどういう人物か推測するのかってあんまり意味無いです。早くふっきって、KAT-TUNの楽しいお話満載のブログになって下さい☆









        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。