categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category雑誌竜也&KAT-TUN

大学祭 マウピ まさみん家出人確保の巻 ヲタ誌

trackback--  comment1






県立大学の文化祭に行って来ました

Mちゃんが
またもや成長してて圧巻でした

先生方もセクシーでお洒落でカッコ良かったんですが

県立大学のダンスチームも予想外に上手くて

今のダンス人工の多さを感じました

私は運動神経無くて、ダンスは無理ダケドやってる人には頑張って欲しいなって思います!!

ダンス見てると踊ってなくてもテンション上がりますから

あんなに踊れたら気持ちいいだろーなぁ

その他にも、女装コンテストとかも可笑しくて楽しくてあっと言う間の1日でした

大学の文化祭なんて久しぶりだったのでリフレッシュ出来て嬉しかったです

こうやってダンスの舞台など観ると

マウスピースを思い出してしまうんですよね

本当に楽しかった、、、

何なんだろアレは、、、

今月のW誌で
マウスピースの写真と記事が載ってるんですが

可愛かったり、エロかったり、クールビューティーかと思えば、天真爛漫な着ぐるみニートまんだったり

腹ペコまん ヤンキー片思い
などの可愛い曲は

竜也の心にピーターパンが未だにいると確信出来る曲だし

育ち島やフレンズは
人が大好きな竜也を知らない人には、意外に感じられるんじゃないかなと思える

上田竜也の"癒し系"な部分を表してるし

ゆっちは、竜也のこの癒し系な部分をよく知ってるんじゃないかと思います

そうかと思えば

狂気に包まれた破滅的な美しさがあったり

赤いライトに映し出される禁断のエロチシズムを垣間見たようなドキドキ感もあり

この上田竜也の世界を

まるで、万華鏡のようだと表現してくれてます

写真もベストショットがあって寝そべって歌ってるリラックマ竜也が衝撃的に可愛いし

浴槽に入ってるドS王子の写真は小さいケド未だに胸が高鳴るし

その後のマリーアントワネットのガッツリなイケイケダンスも良かったし

FIVEと仲良しな竜也も良かったし

オーラスで見せてくれた
あの素直な涙が、、、

今でも、ほんの少し頭に浮かんだダケで目頭が熱くなって、

今でも、すぐに
泣きの体勢に入ってしまうくらいです

人の素直な感情には、掛け値なしの感動があるものです

まさしく万華鏡みたい、万華鏡好きだから、

そして今回、
万華鏡みたいなライブと表現してくれてます

嬉しいのと同時に

コアなファンだけじゃなく、一般にも広く楽しめるライブを竜也が創れる確信へと繋がりました

上田竜也が大好きだから、ソロ魂は竜也オンリーでいいに決まってるんダケド

それダケじゃない
観客を飽きさせずに、ノンストップで最後マデ舞台から神経を反らさせずに留まらせる力が

竜也の創る世界にはある気がします

何より、出演者達が心ゆくまで楽しんでるのが伝わって来るし

もちろん観客からは最後マデ凄いパワーの熱気が伝わってくるし

出演者達と観客の一体感も今まで数多くのライブに行ったケド

大好きなバンドやらアーティストで曲もよく聴き込んで私のコトだから全力でノリノリでライブには臨んで来たケド

こんなに引き込まれて、一体感を感じれるライブってなかったなぁ

記者さんが
前回以上の反響がおき、再びマウスピースの上田に会える日も遠く無いのではと、思わず期待させる
大充実のライブでした!

って書いてくれてるし

やっぱり、そうなんだなぁと感心してしまいました

本当に、心から 次のマウスピースが待ち遠しいです

2年待つなんて考えられない!絶対来年もやって欲しいです!

早く発表して!くらいな勢いです(笑)

D誌さんは、、、
とにかくっ!!!
KAT-TUNが仲良しでいいっ!!!

いや元々仲良しなんだけど、出すのはKAT-TUNらしくない みたいな感じがあって

でもD誌では、もうそんな気負いは無くていいやなKAT-TUNで

普通に自然に今まで培って来た絆を普通に出して来たって感じのショットです

テキストも
じゅんのがカツスタの公開放送後に こうちゃんと交わしたメールで

KAT-TUNのこれからの話とか真剣な話をして、聖の優しさを再確認したって書いてて

よく、亀ちゃんとこうちゃんのじゅんのイジリがキツくて仁さんがじゅんのを影でフォローしてるのに、、、etc.以下沢山ありますが略、、、

多分、じゅんの自身のテキストやラジオとか全部聴いたり読んだりしてないのかなぁとも思います。

確かに、仁さんには情が無いとは言わないし

対抗心ダケとは全然思って無いんダケド

なんしか、デビュー前後辺りから既に、仁さんにとってKAT-TUNは大事なホームじゃなくなってて

悲しいケド メンバーも大事な仲間ではなくなってしまってた

少しずつダケドそうなって行ってた

だから、KAT-TUNに情愛があった頃の仁さんを思い出して比較しても意味が無いんだよね

表では突っ込みがキツかったり←確かにちょっとキツい

2人とも真ん中っ子だから仕方ないんだよ

でも、収録後やプライベートでは亀ちゃんやこうちゃんがフォローしてる

そうじゃなきゃ人間付いて行かないと思います

亀ちゃんも性格がいいなんて思いませんよ

友達との関係の持ち方や普段レベルであれば仁さんの方が遥かに愛すべき人柄でしょう

でも、以前にも仁さんが私の父親に似たトコがあるって書きましたが

情はあるのに、それを遥かに打ち消すとんでも無い暴挙で全てを打ち消してしまう

そんな父親に腹を立てて怒りまくる私達姉妹に

本当は情があるのに、、

って嘆いてた母親のコトバを思い出します。
正に仁さんも そんな感じかなぁ

でも、直さなきゃいけない

そうしないと苦労するのは、結局仁さんです

亀ちゃんも仕事一筋で厳しいから つい強く突っ込むんだろうね

竜也は、メンバーへのエピソードは無いケドとりあえずツアー終わったからゆっくり休んで、次のKAT-TUNの活動を頑張りましょうってメンバーへ向けて発信してる

大人になったなぁって思いました

伝えるコトの大切さがわかったのかな

それから、神戸1日目に亀ちゃんが来てくれてたんダケド

なんで竜也は紹介しないんだせっかく来てくれたのにって思ってたケド

ラジオで恥ずかしいから紹介しないでって上田に言ったって書いてありましたね

やっぱり亀ちゃん発信だったんですね

亀ちゃんも随分成長したと思います。

だって亀ちゃん来てるってなったら大騒ぎになっちゃいますもん

曲も竜也のソロ曲を流してくれたそうで

流石だなぁと感心しました

仁さんも2年前のマウピの時はこうだったんダケド

性格のあんまり良くない、気の合わない仲間なんてどの職場でも山のようにいるだろうから
後もう少し踏ん張って欲しかったケド

ま もう言ってもしょうがありませんね

滋賀の妖精さんの家出少女捕獲体験ですが

小5の女の子の幸せを願って胸が痛くなってるまさみんに胸が熱くなりました

本当に、この人は、、、
1980年5月11日生まれのどう見ても30才に見えない滋賀の妖精さんに

出会えて良かったなぁと思いました

まさみんの年を聞いて、思わず同い年ですって言った警察官の方の気持ちわかります

性別も聞いてみてビックリとか?

だってぇ まさみさんですしね(笑)

毎日、男性機能回復ドリンク飲んでるんですね

そりゃ試さないとね(笑)

ってか 出さないと、、、、←バコっ!!

スイマセン、、
疲れてなくても、常に下方向です

とにかくっ!!!
健闘を祈りマウスピースっ!!

さ 今日はラジオデートの日ですよ

曲は何をかけるんでしょーねー

暴れん坊将軍トカだったらウケますね

そうだ やっと竜也の少クラが見れますよー


では お弁当作りますね
スポンサーサイト
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます









        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。