categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category竜也&KAT-TUN

NHK火曜10時ドラマ"下流の宴" 梅雨の晴れ間

trackback--  comment1
ゆっちの次のドラマ
NHK火曜日22時枠の
"下流の宴"
林真理子原作主演黒木瞳

妹が絶対面白いから見ぃやーって電話してきたので、録画してたんだけど時間無くてやっと見たら、、、、、、

めちゃくそ
面白いっ!!

上流階級と思ってる人達から見下された"下流の人々"の起死回生逆転劇ドラマ

流石、林真理子だわ

主題歌は先週のカミスンにも出演した高橋優くんで
"誰がために鐘は鳴る"

高橋優くんの、静かなのに滲み出るような大地をしっかりと踏みしめて歩くような、力強さのある歌声がこれからのストーリーを予感させて今から心に染みます

ドロップアウトした長男役の男の子もめっちゃ好みだし

下流階級から抜け出して医者一族の仲間入りをした母親が、子供達を一流にする為に奮闘するが

息子は沖縄の母親が最も下流とみなすような女の子と同棲

母親がかつて下流世界で仲良しだった男の子は、幼なじみの女の子に見下されたコトをバネに東大に合格してカリスマ塾長になっていた

ドロップアウトした息子を幼なじみのカリスマ塾長に託すが

彼が育てようと決心したのは

かつて上流から見下されて奮起した自分によく似た娘

彼女はドロップアウトした長男と同棲中の沖縄の彼女で、医学部に入学したら長男との結婚を許すと母親と約束してたのだ

何だか、、、
今の心境にも似た感じなトコもあったりして毎回リアタイで観る予感

この次のにゆっちが出るのかぁ

楽しみだけどセカンドバージョンも半端無い面白さだったから、ゆっちがどんな風に演じるかドキドキする

でも、この枠のドラマに抜擢されるなんて一目置いて貰ってるってコトだよね

私はゆっちの演技凄く良くて、胸に響く何かを伝えられる人だと思ってるから

今正に撮影中だろうけど

いい演技がどんなのか私にはわかんないケド

今マデのゆっちでいいんじゃないかな

ドラマの内容はマダよく知らないケド、とにかくこの枠にKAT-TUNの中丸雄一が出るって凄いコトだわ

アルワンの竜也の発言
やっぱ冗談だったんだね(笑)

あー残念

冗談かなと思いつつマジだったらいいなと期待してしまう、、

竜也欠乏症が大分重症です

今月末のヲタ誌も時間無くて買いに行けなかったし、KAT-TUNゴトに益々ついて行けなくなりそう(笑)

今回の件について沢山のコメントを頂きました

巧妙な成りすましでコメントして来る突撃隊の方々もいるし、ユニ担らしき人や激しい亀担さんやらおなじみな仁担さんもいました

私の書いてるコトに、そうでしょダカラ仁は悪くないって言いたいのでしょうが、それは違います

仁さんは人の道を外れた行動をしてると私は思ってます

理由はどうであれ、しちゃ駄目でしょな生き方を平然としてるから私の中では論外です

一番共感し合えたのはもちろん竜担さんですが

他担さんやユニ担さんでもわかって下さる方はいるんだと感動しました

以前はKAT-TUNと上田くんのファンでしたって竜担さんからのコメントがやはり一番多かったです

賛同のメールを多数頂いて、長年の苦しかった思いが私だけじゃないと知って少し救われました

連日の落ち込みにもやっと晴れ間が出てきた感じです

私がこの2日間で書いてたコトは、KAT-TUNを見始めた最初から懸念してたコトで、今年の始めにやっぱりなと感じ直したコトで、今に始まったコトじゃないんです

とにかく、このままじゃいけないのではと

私の中の警告灯が点滅してるからです

コレ以上にならずにここで留まって欲しいからもあります。

新しくファンになった方の中には理解出来ない方もいらっしゃると思いますが

私の懸念をわかってくれる方にはダイレクトに伝わったようです

同じ思いの方が結構沢山いるのに驚きました

ファンはタレントに似ると言いますが、竜担の方は大人しいと言うか控え目と言うか

不平不満や他メン批判など決してせず

気がつけば静かに去っているって言う感じです(笑)

交流してるブロガーさんは少ないですが、よくお邪魔してた竜担のブロガーさんは沢山ありました

でもいつの間にか個人担になってたり、別のアーティストさんオンリーになってたり

突撃隊さんの攻撃で嫌気がさして止めた方もいますが

とりあえず
新規でKAT-TUNのファンになった方々も多いですが、長年竜也のファンだった方で遠ざかって行かれた方もいます

どんどん新規のファンが増え続けて古参のファンも残った"嵐"との違いは何なんでしょうね

今回の件の後新たにKAT-TUNから離れてしまった人達も結構います

よく行ってたブロガーさんが更新止まってたり、KAT-TUNで無い話題に花が咲いてたりするのを見ると

新規さんは確実に増えてますが、寂しさも感じます

元々竜也のファンにはV系が好きな人が多くてV系バンドと掛け持ちって子が多かったですが

心の隅に竜也ダケを大事にKAT-TUNからは去って行ったように感じます

私が今抱えてるモヤモヤと同じモノを胸に抱えたまま、吐き出さずにそのまま静かに去って行ったって感じですかね

でも、コレがKAT-TUNに最初からずっとある問題だからと言って人間くさったモンが負けですから

どんな理由があったにせよ人としてしちゃいけないコトはしちゃ駄目なんです

ただ、そうなって行った要因も無いとは言えない

KAT-TUNと言うGのある特性が今年の始めに出たってコトかなと私は思ってます

KAT-TUNの人気をコレ以上にする為にも、この特性が今以上に進まないようにストッパーの意味も込めて言ってます

気づけば必ずわかってくれる子達だと思ってるので

私はKAT-TUNを諦めたくないですから

一部分の意味しかわからない方

今回私に寄せられたコメントで賛否両論パッキリわかれてると言いましたが、もちろんそれが全てじゃないですが

理解してくれる方は直ぐにピンと来た筈です

KAT-TUNはこの特性が強くなると伸びるのが難しいと私は懸念してます

意味がわからない方々にわかって貰おうとは思ってません

でも、この特性への警鐘は今後も気づき次第発信して行くつもりです

これはKAT-TUNを昔から、結成当時から見続けてる方には直感的に感じ取れる方が多かったように思います

現に竜担で竜也は見続けてるケドKAT-TUNゴトは何も書いて無いブロガーさんが多いです

更新が止まったり内容が変わったりってブロガーさんも多くなって来ました

私が書くのは、ファンの中には気付いてる目もある、こんな風に思ってるファンもいるって世間に知らせる意味もあります

それは、コレ以上エスカレートしないでねの意味もあります

メンバーを疑うようなコトを書いてけしからん

上田くんはボクシング続けてるのに弱いと思ってるなんて上田くんを信じて無いのはあなた

自信の無いのはあなたですって怒りのコメントも頂きましたが

私とは考え方が違うんですねとしか言えません

私は、自信が無かったからボクシングで自信をつけたんだと思ってます

体力的や忍耐力がついた点ではボクシングは良かったと思います

でも竜也はボクサーじゃない

職業はアイドルです
ボクシングはいいですが、それに逃げちゃ駄目です

自分の仕事であるアイドル家業を一生懸命精一杯やらないと

逆にボクシングをいくら続けてたって自信があって強いとは言えないと思います

どんなに体にいい筋肉ついたってカッコ悪いってコトです

自分の仕事を誇りを持ってやらない姿からはカッコ良さからは程遠い自信の無さを感じます

竜也はそんな人じゃないと思ってますが

竜也の本来の姿でいてもらう為にもマウスピースは必要なんです

ウチの子は去年の広島のマウスピースを観たときから

マウスピースはKAT-TUNの宣伝になるよ、KAT-TUNのメンバーがこんな世界持ってるって知ったら絶対若い子のファン増えるのに

マウスピースは毎年やった方がKAT-TUNの宣伝になるよってよく言ってくれてます

まぁアニメやゴス系やV系好きな層だと思いますが

竜也はそれをひっくるめた新しい世界だと思います

マウスピースはKAT-TUNの戦力に成り得ます

こう思うからマウスピースの開催をお願いしてるワケです

全ての人に自分の考えをわかって貰おうなんて端から思ってませんが

自分と全く違う考えの方がいてもそのブログに自分の意見を私はぶつけません

思うコトがあれば自分のブログもされてるし、ご自分のブログに思う存分書いたらいいと思います

要望出すダケではストッパーの役割は果たせないと私は思ってますから

ファンの中からの発信は世間への訴えかけにもなります

実際仁さんの時も、誰も何も書いて無い状態だったらコトは進まなかったのではと私は思ってます

だから突撃隊さん達も過剰にココを攻撃して来たんでしょうし

最近は成りすましばかりですが

綺麗な飾りで囲ってたら、ファンからの危険信号の本気度が実感出来ないと思うんです、

外部へも伝わる懸念がないと人間ナカナカ行動には移さないもんです

意味わからないかもしれませんが

わからない人にわかって貰うのは難しいです、

なので
私と全く考えの違う方のコメントには答えません

考えが違うなってコトだから

今回マウピを希望するのは、ユニ担とは違うんじゃないですか

それは上田くんの為にもならないんじゃないですかと言って来た方もいました

人それぞれ考え方は違うので

ズレは仕方無いかなと思います

私は、ユニ担である前に上田竜也命の完全竜担ですから

寂しくて見てるのが辛くなってKAT-TUNから離れてしまった竜担さんも沢山います。

今回の件でも、知り合いの竜担ブロガーさんでブログの更新が止まってしまったブログも結構あるのでとても残念です。

私がいい子にしなくてあえてブログに書くのは、気付いてる人もいるんだよと知らせる意味もあります。

ある意味これ以上進ませない為のストッパーの役割をしたいからです。

私のただの勘ですが
黙って大人しくしてたら、誰も文句言わないから納得してる みんな応援してるって益々エスカレートさせない為もあるんです。

とは言え
私はKAT-TUNが大好き

上田竜也とKAT-TUNの大ファンなので、なんとかこれからもKAT-TUNを応援していきたいです
スポンサーサイト
 
はじめまして。
はじめまして。いつもこっそり拝見させていただいてました。私は今年からKATTUNファンになりました。もともと、母がSMAPファンで、KATTUNはデビュー当初からなんとなく気になってはいましたが、食指が伸びずに今までいました。好きになったきっかけは、CHANGEURWORLDをMステで歌い踊る姿を見てからです。ほんとにかっこよくて、こう、ムズムズ来るものがあって、これはもっと見たい!と過去の冠、PVメイキング、コンDVD、たくさん集めました。見れば見るほどどっぷり浸かっていきました。もともと上田君は気になっていたのですが露出も少なかったですし、テレビに出てもおとなしい人なのかなといった印象でした。でも、冠やDVDを見てほんっとうに大好きになりました。あんなに可愛くて、面白くて、かっこいいのに、ここまで露出がないのは、本当にもったいないです。私がファンになったのは今年からなので、マウピにも行ったことはありませんし、赤西君のこともリアルタイムで見つめてはいませんでした。赤西君について、とやかく言えるほど、知識も理解もありません。が、メンバーにも、ファンにも哀しい思いをさせたことに変わりはないように思います一般にも決していい印象は与えなかったと私は思います。
ちなみに、今私は高校生なのですが、周りの友人にKATTUNといってもまだチャラチャラしているというイメージばかりが先行してしまって今一歩踏み出してきてくれません。それだけではないKATTUNの魅力をどうにかして伝えたいです。本当に悔しいです。今は我慢の時なのかなとも思います。日本の状況的にもKATTUNの今までからしても。でも、正直焦らざる終えない年齢に差し掛かっていると思います。上手く言えないですが。。。
母はKATTUNはSMAPに一番近いといってくれます。メンバー脱退にしても、胸を痛めてました。SMAPも勝手な批判や先入観に苦しめられたこともありますし、メンバーの脱退、その他にもたくさんの苦難がありました。人事には思えないようです。ジャニーズの中で、SMAPの次に震災のことを考えてくれてるとも言っていました。そんな優しくってアツイ所が、少しでも周りの人の目に留まったらな、そう思います。そのためにも個人個人、もっと露出を高めるしかないと思います。
上田君のマウピ、いきたかったです。きっとKATTUNの一つの大きな要素になると私も思います。もし実現が難しいのであればどうにかして上田竜也の色を出す術を本人含めメンバーで考えていくべきだとも思います。(SMAPも最初は上の二人が慎吾や剛のために挨拶まわりしてたぐらいです。)本人に自信がないのが一番厄介なところですが…多分失敗が怖いんでしょうね…優しい自分のファン、メンバーに甘えているともいえると思います。(私も人のことはいえないような人間ですが)そんな人間くさいところも魅力ですが、伝わらなければ意味がないように思います。SMAPとも嵐とも、比べる事の出来ない魅力がKATTUNには絶対あると思います。私はそう思います。本当にKATTUNが大好きです。そんな気持ちが少しでも彼らに届くように、これからも応援します。長々とすみません。言いたい事もまとまらずだらだらと続けてしまいました。最近書かれた記事を読んだら書かずにいられませんでした。これからもブログ楽しみにしてます。無理はなさらず、頑張りすぎないでくださいね。
お邪魔しました。









        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。