categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category竜也&KAT-TUN

コクリコ坂からアナログ放送終了マデ祭りだKAT-TUNっ!!

trackback--  comment0
いやぁ
絶賛KAT-TUN祭り開催中なのに

すっかり乗り遅れてしまって

昨日は15時からヘイ×3!生放送SPの広島の再放送日だったにもかかわらず

すっかり見落としてまして

仕事から帰ってテレビでKAT-TUNがお揃いの黒衣装でニコニコ笑ってるから

てっきり娘がWちゃんが送ってくれたDVDを勝手に観てるんだと思って

慌てて巻き戻そうとして

今やってるー(゚Д゚)Ψ!!

って感じですよ

Wちゃんに救済頼んでなかったらどうなってたコトか、、、

本当にありがとうです
(T^T)

マルモリダンスを一拍遅れでタドタド踊る竜也や

AKBやパフュームの後ろでやたらニヤニヤしてるコキたんに竜也

トークは相変わらず亀ちゃんが殆どであんまメンバーにも振ってませんでしたが┓( ̄∇ ̄;)┏ヤレヤレ

竜也さんニコニコ笑って相づち打って参加してるから

以前よりはいいですが

EXILEとの筋肉話の時なんかに

ウチもメンバー筋肉自慢いますってメンバーに振って

メンバーがワーワー腕ニョキニョキして

田口と中丸はちょっと、、

ぐらいなオチやった方が、自分の腕ニョッキリ見せるより格段に印象がいいんだと亀ちゃん早く気付こうよ

って感じですかね(笑)

竜也やじゅんのも引いてばっかじゃKAT-TUNっていつも全然喋らないメンバーいるよね

から抜け出せないよ

竜也がKAT-TUNとメンバーを愛して大事に思ってるなら

こんなコアな上田竜也のおばさんファンに大暴れして欲しくなかったら

KAT-TUNとメンバーの為にも、もっと積極的に前に出なきゃ

じゃないと
暑いし、忙しいし、上田竜也ダケがカンフル剤なのに

それが無かったら

アカン発作が大爆発するよ

しかし
巷で噂のお揃の黒衣装

確かに
お金は掛かって無さそう(笑)

でも
少クラ時代思い出して懐かしかったのと

ちょっとバラバラ衣装に飽きて来てたから

すっごい新鮮っ!!

それにこの衣装スタイルの良さがよくわかるし

久々のお揃衣装が何か若々しく感じて良かった

ヒラヒラスカート的巻物竜也も大好きだから

マタいつかは観たいケド

たまのお揃でかえってメンバーの個性が際立つってコトに驚き

少クラ時代はお揃だと個性無くてヤダーとか思ってたのに

今じゃお揃で余計個性が浮き上がると言う凄い成長振りに感心したよー

でラン4U

曲はよくここマデ頑張ったと(笑)

KAT-TUNだからこそカッコ良く出来る見本的な例(笑)

でも最高なパフォのKAT-TUNが愛しい

もうリピリピしまくりたいのをこらえ

昨日は夕方から家族3人で最新ジブリ映画"コクリコ坂から"観に行って来ました

他の人の感想はわかりませんが

父親が同じ船乗りだったし、父親の父親も海軍で戦死してるし

子供の頃父親の船によく行ってた時の記憶が蘇って

何とも懐かしくて感慨深くてそれだけで涙が出る始末(笑)

タグボートで父親の大型船の側まで行って、梯子下ろして貰って上がって行った場面とか

梯子が揺れて怖かった記憶や油と潮の香りが混ざった匂い

間近に見た船体に藤壺が付いてたコトや所々に浮き出たサビや

波で大きく揺れるタグボートや

船着き場で父親の船を親子3人で泣きながら見送った思い出やら

海軍だった祖父が戦死した後の父親のその後の苦労やら

次々蘇って来て
む☆ね☆あ☆つ(T^T)

昔は親を亡くした子供を赤の他人がよく引き取って育ててたって話しを父親から聞いてて

海で亡くなった父親の同僚や先輩や後輩の話など

色んな溢れかえる思い出が押し寄せて来て

涙がボロボロと、、、

泣くって言うより
勝手に出てました

凄い感動が来るワケじゃないケドじんわりじっくり染みてくる

昭和を生きる人々の逞しさがよく出てました

昭和38年はちょうど私の生まれた年だし

横浜には船のドッグがあるから小さい頃から何度も行ってるし

全てが懐かしくて子供の頃を思い出して

あの長女全開な主人公

布団の中で両親の夢を見て泣きながら目覚めるトコ

人に弱さを見せれない長子ならではのあの感じ

妹がマタ妹だったし(笑)

淡い恋かと思えば案外ハッキリしてて、イマドキ草食系な若者の恋"君に届け"なんかでは考えられないハッキリズバリとした強さ

ま、男女共に肉食系でしたね昭和は(笑)

私や旦那さんには懐かしく、娘には今の時代には味わうコトの無い感覚が味わえて

ウチは子供に対して親が高齢(笑)なので一緒に観て楽しい時間が作れましたね

そして今朝のシューイチですよっ!!

ゆっちの"まじっすかっ!!"が前回より危なっかしくヒヤヒヤ感が増してるんですが

何でなんすかね(笑)

まさに、、、
まじっすかっ!?

ゆっち前より表情無くなってない?

まぁゆっち可愛いってコトで(笑)

そしてっ!!!

ズルブラのCM流れました!

コズチャっ!!

初めてちゃんと聴いたんですがめちゃんこカッコイイじゃないですかぁーっ!!!

この曲すっごい気に入ったよーっ!!!

KAT-TUNがCM出てても良かったのにね

それから
殿のOle!的メンバー愛

今回は
うるさくおねだりしたかいあって( ̄ー ̄)b

待望の上田竜也様ー

たー様とTORE!の収録前に2人円陣で2人星形

星形なってませんが(笑)

ひし形ですが(笑)

竜也の先が細くて丸くてチッコイ爪キャワイ-(〃▽〃)

相変わらず爪噛みしてるっぽい感じダケド

ボクシングだこが華奢な手に似合って無いケド

コレももう上田竜也の個性になってる

しゃーなしで認めるか(笑)←まさみん風

当然画像保存いたしました(*´д`*)ハフン

次々メンバーのパーツ写真お願いしやすー
( i_i)\(^_^)コキたんイイコ

コキたんも最近ボクシング始めてるし竜也の影響って結構あるのかも

コキたん
メンバーのコト語ってくれてありがとう

KAT-TUNのファンにとってメンバーのコトをメンバーが語ってくれるのが最高に嬉しいってわかってくれたかしら

ワタクシには当然上田竜也なんですがね

コキたんと一緒のTORE!
何か映画みたいって書いてる記事もあったよね

こういうの上田さんは燃えるだろうなぁ

意外にビビリなコキたんがどんなふうに通過するのか楽しみ過ぎるー

テレライのお星様なKAT-TUNもベッタリくっついたKAT-TUNも可愛い過ぎる

じゅんのの刈り上げクンも韓流と言われながらもカッコイイ美しさが出てたね

コキたんの金髪はもうちょっと短い方が好みかな

オリスタのMラバのKAT-TUN

竜也と亀ちゃん
めろりんパワーが凄かったぁ

この百合百合コンビの妖しい色香って何か凄いパワーがあるよ

ユニセックスな魅力たっぷりな2人が並ぶと

何か女子的に負けちゃってる感は
否めないケド(^-^;

夢の競演ってかジャニーズならではの夢の世界

一般社会では出会うコトなど皆無な

女性以上に美しい男が

まさかの2ばーい2ばーいパワーっ!!!

めろりん素晴らしいね

この非現実的な画を魅せてくれるのがジャニーズで

しかも
カッコイイと美しいと妖艶とお馬鹿でおちゃらけと

一般社会では有り得ない他人同士なお仕事仲間なくせに

普通では味わえない絆と

会えば即座にワチャワチャ騒げる仲間

こんな関係普通に生きてたらめったに味わえない

この人間模様を一緒に体感出来る喜び

こんなアイドルの使命と役割を再確認出来る

竜也と亀ちゃんの"めろりん"コンビをもっと売り出すコトをお勧めします

Mラバが(´¬`)ヨダレ出る程待ち遠しいわ

ってかKAT-TUNって

イマ-現在-の子達なんだけど

何か意外にも昭和チックが残ってるGなんだよね

"コクリコ坂から"を観て

いい意味でも悪い意味でも熱くて不器用でお馬鹿で

でも沢山回り道して来たぶん情の厚い

イマドキのサッパリドライな若者とは違う、いい意味での容量の悪さと

コクリコ坂の2人みたいな肉食系な部分も持ちつつある

草食系とはハッキリ言えない昭和チックな熱さを持った男達

これからどうなって行くのか

足掻いて苦しんで頑張って這い上がって行く5人が見れるように願いを込めて

この歴史的瞬間に生きてるコトを噛み締めてます

ゆっちの"これまでこれからカウントダウン"

ゆっちあんま喋って無かったのにサッカーの話題で食い込んでたね

ただ真面目過ぎて全く変わった感覚が無いってのがちょっと残念

真面目なのに、ちょっと可笑しな感覚持ってるって方が強いんダケドなぁ

上田さんに漫画脳おすそ分けして貰うといいのにな

でも
ラクダちゃんなビックリ眼はあの鼻をキュイっと摘んでやりたくなる程可愛いからまぁいいか←ナニサマー

しかし
生まれ落ちた時からテレビっ子と呼ばれ続けて

とうとう地デジ時代を迎えましたよ

こんな時代が来るとはね"コクリコ坂から"の昭和38年1963年の頃からだと凄い変化だよ

得たものも大きいケド失したモノも多い

そうやって新たな時代を進んで行って新しい何かを掴んで行くんだろうね

竜也にも新しい道が拓けますように
スポンサーサイト
 









        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。